アメリカ合衆国から最新ニュース アメリカ合衆国情報♪

スポンサード リンク

2007年06月28日

アメリカ合衆国嫌いです!反米感情、大国離れ

世論調査機関「ピュー・リサーチ・センター」が6月27日に発表した調査結果によれば、世界各国で反米的な感情が高まる一方、大国ロシアや中国に対する不信感も根強いという傾向が示されたそうです。

同センターが47カ国、4万5000人からの聞き取りによると、アメリカ合衆国に対する他国のイメージは、過去5年低下しつづけているそうです。

地域別に見ると、アフリカ諸国ではコートジボワールで米国支持が88%に達するなど好感を保っていますが、その半面、中東では依然として反感が強く、親米派はトルコの9%のみ。
西側諸国でも2002年から2007年にかけて親米感情は軒並み減退。フランスで62%から39%に、ドイツで60%から30%に、英国では75%から51%にそれぞれ減少しているとのこと。

世界の指導者としてのジョージ・W・ブッシュ米大統領に対する信頼は低下の一方。

と言っても、大国に対する不信感が募ってはいても、反米姿勢を強めるウゴ・チャベスベネズエラ大統領やマハムード・アハマディネジャドイラン大統領への信頼が高まるというわけでもありません。

世界で最も懸念される問題としては、多くの国で公害と環境問題が筆頭に上がり、環境破壊に対して最も大きな責任がある国は米国を挙げた人が最も多かったそうです。

アメリカという国、自国を離れれば、戦争で環境を破壊し、自国を見れば、CO2排出量も中国と並んでトップクラス。一人あたりの排出量は、世界一。って、国ですから。
それにしても、アメリカ国内のブッシュ離れも凄まじいですし、ブッシュが政権を持っていることによる世界的弊害って、凄いことだと思います。


タグ:反米
posted by アメリカ合衆国情報 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

ブッシュ大統領のお気に入りは、サルコジ仏大統領

ジョージ・W・ブッシュ米大統領の最近のお気に入りは、「率直な物言い」のニコラ・サルコジ仏新大統領。

匿名を条件にAFPのインタビューに応じたブッシュ大統領の側近の話によれば、「これまで数年間にわたってブッシュ大統領が会談してきた世界各国首脳のなかでも、サルコジ大統領ほど『単刀直入』な人物はいなかった。その点でサルコジ大統領はブッシュ大統領とよく似ている」と語ったそうです。

ドイツのハイリゲンダムで行われた主要8か国(G8)首脳会議と平行して米仏首脳会談が行われた席で、コソボ自治州の最終地位問題をめぐり、「外交的」にはブッシュ大統領とサルコジ大統領の意見は分かれ、且つ、会談中、サルコジ大統領は、世界問題についてブッシュ大統領を質問ぜめにしていたということです。

これって何だか友達の居ない子が、初めて誰かに真剣に相手にされて、喜んでいるだけのような・・・

ブッシュ大統領は、サルコジ大統領との再会を非常に楽しみにしているそうです・・・


posted by アメリカ合衆国情報 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

アメリカ合衆国の疾病対策の穴を浮き彫りにした結核感染の米弁護士

5月12日に弁護士のアンドリュー・スピーカー氏が結核の診断を受けたわずか2日後に、結婚式と新婚旅行のためジョージア州アトランタから欧州に旅だったことについて、鳥インフルエンザの流行や生物兵器テロが頻発する現代に、このような疾病対策の欠陥は破壊的な結果をもたらす可能性があり、変革が必要であると問題になっています。

5月23日に、アメリカ合衆国政府の疾病対策センターは新婚旅行でローマにいるスピーカー氏に連絡を取り、大半の抗菌剤が効かない菌に感染していることを告げ、イタリアの病院で診断を受け隔離病棟に入院するよう求めましたが、彼はこれを無視し、プラハに立ち寄った後カナダのモントリオールに飛び、そこから陸路で米国に帰国したということで、1948年に導入された隔離を定めた法律は、余りに法的拘束力が欠如しているという指摘です。

さらに、保健当局がスピーカー氏を探していることを知りながら国境警備隊の担当者がスピーカー氏の入国を許可した点も法の盲点を指摘しています。
今後、法的拘束力が無いことで、大きな伝染病蔓延やテロが起こらないか、心配されるところです。
物品持込には慎重でも、人権に対しては、非常に繊細になってしまっています。自爆テロも居ますから、伝染病人間テロだってあり得るかもしれませんから。


タグ:結核感染
posted by アメリカ合衆国情報 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

カナダで野生の子鹿がエレベーターに乗る

アメリカ合衆国の話ではありませんが、お隣のカナダの東部ニューブランズウィック州で6月1日、会議中の州議会に突然、野生の子ジカが紛れ込む珍事があったというお話。

目撃者の警備員の話では、議会のある建物にぶらりと入り、エレベーターに乗って(笑)議会室へ。そして記者席に直行したという話です・笑。

記者席の机に飛び乗り、机上のものを蹴散らした子ジカは、窓を破って逃げたとか・笑
人間も子ジカもびっくりしたことでしょう・笑

鹿といえば、こちらミシガン州でも、お昼休みのジョキング中、目の前を野生の鹿が横切っていきました・笑
野生の鹿も、天敵が居ないせいで、ハンティングもおっつかず、増える一方なんですよね。


posted by アメリカ合衆国情報 at 05:36| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

米国ディズニー・ワールドで事故

フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールドで、円形ボートでの激流下るアトラクション、カリ・リバー・ラピッドが故障し急停止し、ボートからの脱出の際に6人が怪我をする事故があったそうです。

脱出指示に従って脱出する際に、可動式脱出用デッキが外れた為に怪我をした模様ですが、これって、一次事故に続く2次事故ってことで、ダブルで災害ってことですよね。

うーん。遊園地のアトラクションっていうのも、ほんと、危険との隣り合わせだよなぁ。
自分は好んでは乗りませんけど、子供たちはこれから乗りたがる年頃だし、こういった施設って、テレビゲームと並んで、ほんと、良い迷惑な商品です。


posted by アメリカ合衆国情報 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(2) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

アメリカの郵便局でスター・ウォーズ30周年記念切手数量限定発売!

24日から5日間の予定で、ジョージ・ルーカス監督のSF超大作『スター・ウォーズ』シリーズ30周年記念式典が、ロサンゼルスのコンベンション・センターで開催されています。

それに伴い、アメリカ合衆国の郵便局で、数量限定で記念切手が発売されているとか。
実は、今朝、出社前に郵便局へ行ってきたんですよね。
隣のカウンターで、スター・ウォーズの切手を薦めていましたが、そういうわけだったんですね。
買っておけば良かった。
明日も郵便局へ行く予定だけど、明日まであるかな?

ところで、スター・ウォーズの主役たち、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ミハルや、レイア姫役のキャリー・フィッシャーのその後って皆さん、ご存知ですか?
興味ある方は、こちらをどうぞ。
http://up-kw.seesaa.net/article/42833182.html


posted by アメリカ合衆国情報 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

アメリカ、マイスペースから性犯罪者の締め出しへ

アメリカ合衆国の8州の司法当局は、世界最大のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「マイスペース」に対し、同サイトを利用した性犯罪者の氏名を開示するよう求める書簡を送ったそうです。

8州というのは、コネチカット州、ジョージア州、アイダホ州、ミシシッピ州、ニューハンプシャー州、ノースカロライナ州、オハイオ州、ペンシルベニア州。

締め出しの理由は、性犯罪者が「マイスペース」を利用して、子供たちを性犯罪に誘惑しようとしている懸念があるためだそうです。

これに対し「マイスペース」は、司法長官らの要求に応じる立場を示しており、会員登録されている性犯罪者の割り出しと該当者のプロフィールページの削除にとりかかってはいるようですが、アメリカ合衆国在住の皆様。
お子さん達の「マイスペース」利用には、くれぐれもご注意を。
ちなみに、5thグレードの長男坊に聞いたところ、6thグレードの友達のところで「マイスペース」は見たような気がするけど、内容は良く判らないってレベルのようです。


posted by アメリカ合衆国情報 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

まだまだ高騰、ガソリン代!!!

国際エネルギー機関(IEA)は、5月11日に、ガソリンの価格がまだまだ高騰する可能性を示唆しました!

ガソリンの価格が高騰する理由として、ナイジェリアの政治情勢、OECD諸国における原油在庫の減少、夏休みシーズンを前に米国で予想されるガソリン供給増、世界的な石油精製能力の限界などが上げられています。

さて、ガソリン高騰の煽りを受けているアメリカ合衆国ですが、今年のドライブ旅行はどうなんでしょう・・・
我が家に関しては、お父さんは極力、自転車通勤を心がけていますし、日本語補習校へは、他の方とのカープール(相乗り)で、ガソリン消費を押さえています。

ガソリン価格は10年前の10倍です。
我が家から職場までは自転車でも通える距離ですが、アメリカ合衆国では、ガソリン価格が安いことを当然として、遠距離通勤する家庭も多いです。そういう家庭にとって、このガソリン価格高騰は本当に厳しいでしょうね。

まだまだ高騰が予想されるガソリン価格。
郵便代も値上がりしますし、こういう機会にガソリン価格の高騰に左右されにくい生活も少しは考える必要性を感じますね。

今、乗っている自動車は9年ものですが、次回の購入はハイブリッドカーに決まりです。
それまでは、ガソリン代節約のための燃費改善のための最終兵器「エコマニア」で、少しでもガソリン代の節約です。

ガソリン代節約、燃費改善向上するグッズ エコマニア(自動車用)新登場!!

posted by アメリカ合衆国情報 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

米のYahoo! Travel。最適な旅をパーソナルに提供開始

アメリカ合衆国の米ヤフー(Yahoo)が、同社の旅行関連サイト「Yahoo! Travel」を利用して、面白いサービスの提供を開始したそうです。

着目点は、旅行を既に経験した人の知識を活用するということ。
「地球を歩く」なんかでも、読者の経験コメントが載っていますが、書籍ということで、どうしても情報が古くなりがち。
その点、インターネットなら、常に最新の情報がゲットできます。

更に、旅行検索エンジン「Yahoo! FareChase」(ヤフーフェアチェイス)との融合で、ホテルや航空運賃などのデータの中から希望に合致した情報を表示できますし、「Yahoo Messenger」(ヤフーメッセンジャー)との融合で、航空便をリアルタイムかつオンラインで予約できるようになるそうです。

更に、地形、道路、建物などが地図上に忠実に再現された新機能「Interactive Map」も用意され、地図上でズーム機能を使って旅行したい地域を表示させると、そのエリアを旅行したユーザーによる「Trip Plans(旅行プラン)」アイコンが現れ、アイコン上にカーソルを置くと、旅行プランの要約が表示されるとか。

これはとても便利なサービスになりそうな予感!
後は、日本語でサービスしてくれれば一番ですけど・笑
日本版でも日本人によるアメリカ合衆国国内旅行版ができないかなぁ・笑


posted by アメリカ合衆国情報 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

カンザス(死者9名)とオクラホマで竜巻被害発生

日本では馴染みの薄い竜巻の被害ですが、アメリカ合衆国の中西部では、本当にしばしば発生します。
今回も、5月4日に中西部カンザス州のグリーンズバーグ周辺で、竜巻が発生。9名の死亡が確認されており、負傷者も多数発生。数十人が病院に運ばれているそうです。

更に翌5日には、オクラホマ州スイートウォーターで、大型の竜巻が発生し、市街地にあるハイスクールなどの建物が損壊したそうです。

両日共に発生は夜ということで、1日が終わりくつろぐ人々を突然に襲った恐ろしい自然災害です。

アメリカの竜巻災害にまつわるエピソードとして、1974年の4月3-4日に、北アメリカの13州にまたがり148もの竜巻がほぼ同時に発生したという歴史上でも類を見ない災害も発生しています。

また、1985年の5月31日にはオハイオ州、ペンシルバニア州、ニューヨーク州、カナダのオンタリオ州に41の竜巻が発生し、死者90名を出しました。

最近では、2005年の11月6日にケンタッキー州からインディア州に掛けて大きな竜巻が発生し、22名の死者を出しています。

大きな竜巻の歴史を探ると、春先がもっとも大きな竜巻の発生が多く、次に初冬となります。竜巻と言えば、地震と同じで予兆できる物ではありませんが、被害には巻き込まれたくは無い物ですね。


posted by アメリカ合衆国情報 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

ディズニーの幼児番組お助けマニーはアダルト系?

信じられないトラブルはあるもので、アメリカ合衆国でディズニーアニメが放映されるはずのチャンネルで、アダルト映像が流れてしまうというハプニングがあったそうな。

それは、4月30日、朝のこと。
「Handy Manny(お助けマニー)」を見ようとチャンネルを合わせた子供達は、とてもひどく汚らしい映像を見させられてしまった。

Handy Manny(お助けマニー)というのは、幼児向けのアニメで、心あたたかい修理屋マニーと、道具たちが繰り広げるユーモアあふれるお話です。
そんなお話ですから、Handy Manny(お助けマニー)を見るのも5歳前後の幼児達。
そんな幼児たちが、「この人たち何やってるの?」ってお母さんに尋ねる必要のある映像を見させられたわけですね・汗

これは、配信元のコムキャストのプログラムミスということですが、朝も早よから、子供達もお母さんもびっくりの大事件でした。


posted by アメリカ合衆国情報 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

アメリカ合衆国からデルタ航空、破産法適用から脱却です!

デトロイト周辺在住の関係で、デルタ航空はめっきりご無沙汰ですが、破産法適用からの脱却が発表されたようです。
再建計画は19ヶ月に渡ったということですが、再建ができたのは、再建計画により財務体制が改善され、顧客満足度が高まり、国際路線が拡大したことによるそうです。

デルタ航空ご利用の皆さん。この19ヶ月の変化は、如何なもんでしょう?

posted by アメリカ合衆国情報 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

アメリカ合衆国のインディアナ刑務所で囚人暴動

アメリカ合衆国のインディアナ刑務所内で、囚人が大規模暴動を起すという事件が起きました。

この刑務所、インディアナ州が民間に委託しているということですが、日本なら民間に委託したほうが安心となりますが、こと米国ではどうなんでしょうね。

インディアナ州は、1992年にスティーブン・ゴールドスミス市長が誕生して以来、民営化に基づく画期的な競争導入で全米から注目を集めた財政改革を行っています。
今回の刑務所もその一環で、民間2400人の収容能力を誇るこの刑務所では、地元出身の囚人が1000人収容されているということですが。

また、全米的に刑務所不足が叫ばれている近況において、連邦の囚人の収監を認める代償として手数料を市が受け取る契約を連邦政府と締結したりもしています。
刑務所内で、他の州から来た受刑者が離れた場所に移送されたことに不満を訴えていたという話もあり、今回の事件の発端は、そんなところにもあるのかも知れませんね。

何はさておき、外部への脱走は無かったとのことです。



posted by アメリカ合衆国情報 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

アメリカ合衆国、恐怖の銃擁護団体

前週に発生したバージニア工科大学での32人が犠牲になった銃乱射事件。バージニア州の銃擁護団体は、こう来た!
「同様の事件を防ぐには市民がさらに武装する必要がある」

人間の金への執念というのは恐ろしい。
金儲けの為なら鬼畜と化し、それらしく話が通りそうな銃を売るための方便を考え付くものだ。

それにしても、アメリカ合衆国国民の約40%が銃を所持しているとは驚いた。
そして、事件を機に銃を規制しようという動きがアメリカ合衆国国内政府内でもほとんど見られていないというのにも驚いた。

但し、60%の国民は、そんな危険なアメリカ合衆国国内に居て、銃を放棄しているのだから、勇気があると思う。
60%の国民の爪の垢を、政府関係者と銃擁護団体に飲ませてやりたい。
そして、40%の中にも、やむ負えず自己防衛の為に銃を持つ者も覆いと思う。
40%の国民が銃を持つといっても、嗜好を目的に銃を持つ人間は少数だと思う。
ま、アメリカ合衆国の場合、鹿猟の為に銃を持つ者も多いのだが。

日本の場合は、流石に銃が蔓延していないだけに、銃に関してはまだ安心だが、性に関しては壊滅的だ。世界でももっとも性に対するモラルの無い国と化している。
性産業が、若者を餌食にし、そして、性犯罪を助長しているにも関わらず、日本の政府は野放しだ。
結果、植園貴光のような特急車内で女性暴行といったアダルトビデオまがいの性犯罪まで助長してしまう結果を生むのだ。
今回の植園貴光の事件が公化したことで、返って性癖を擽られる奴らも現れないか、不安が残る。

アメリカ合衆国の銃産業、日本の性産業。
どちらも金の亡者が狂わせた悪しき金儲け産業の成れの果てだ。



posted by アメリカ合衆国情報 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

銃社会の申し子「チョ・スンヒ」

今のアメリカ銃社会において、「チョ・スンヒ」は充分に生まれ得るものとして生まれたと断言できるのではないでしょうか?

今回の記事を読み、展示即売会では現金さえ支払えば無条件で銃が買えるとは、非常に驚きました!
犯罪者や未成年者が自由に銃を購入する道が残っているって、それで良いのでしょうか?
こんな抜け道がまかり通ること自体、そんな抜け道を考えた人間も許した人間も、人間性が非常に疑われる抜け道です。

銃を持てば、誰もが、簡単に人を殺せるのです。
怖い物など何も無くなるのです。

銃を持つということは、その銃を使わない強靭な理性があって初めて許されることだと私は思います。
私はアメリカに住んでいますが、そんなに簡単に銃が手に入ると知って、非常に恐ろしいと感じました。

銃の申し子「チョ・スンヒ」は、今度はいつ現れるのか?
我が家の周囲に居ないことを祈る限りです。


posted by アメリカ合衆国情報 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

チョ・スンヒ「おまえらのせいだ」

チョ・スンヒの寮の自宅に残されたメモが見つかった。
32名の貴重な命を奪っておいて、「おまえらのせいだ」
は断じてない!!!

今日、次男坊9歳の懇談会があり、学校の先生とも学校のセキュリティについて話したが、先生も昨日の事件を「言葉にできない悲しい事件」と言っていた。

子を持つ親として、一瞬にして子供の命を失った親御さんの気持ちを考えると、言葉にできない。

チョ・スンヒは救いようが無いが、子を持つ親として、親の教育こそ、一番の問題だ。
内の子供は、11歳と9歳だが、今後、絶対、銃乱射犯人になることは無いと言い切れる。
それは、いつもいつも、居間で顔を合わせて生活しているからだ。

教授も言っている。「同容疑者ほど指導に手こずった学生は他にいなかった」。
ここまでの生徒にしたのは、全て親の責任なんだ。

亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、チョ・スンヒの親に言いたい!
「おまえらのせいだ」


(追記)
他のニュースで、在米韓国人が報復を恐れているという書き込みを見ました。
不安な気持ち、充分判ります。
チョ・スンヒが悪いのであって、他の韓国人の方は、全く関係無い話なのです。報復など無きよう願ってます。
この一人の韓国人の犯罪は、「ビザ無し渡米の夢も果てた」といった全ての韓国人の希望を奪い去りました。
日本人もそうですが、世界に出ている限り、自分の過ちは全ての日本人に影響を及ぼすということを、重々考えて、国際社会で生きて欲しいと思います。



posted by アメリカ合衆国情報 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ合衆国における学校の銃乱射大量殺害事件

アメリカ合衆国の学校、大学で発生した銃乱射事件の場所、
年月日、犠牲者の数は次の通りです。

2004年以降、毎年の様に、死者数の多い事件となっています。
それにしても、今回の死者33名は、飛びぬけて多い死者数です。
しかし、アメリカ国内の学校で、死者33名。
ちょっと、想像ができない事件です。

それにしても、アメリカ合衆国史上最悪の学校での銃乱射事件となってしまいましたが、早朝に起きた銃撃に対する対応の悪さや、犯人が中国人の留学ビザ学生だった可能性も含め、今後、いろいろなところに影響が生まれそうです。
いずれにせよ、良い影響を残して欲しい物です。

アメリカ国内でも、銃を持つ者、銃を持たない者。
私はもちろん持っていませんが、アメリカ人の友人は、身を守る為に持っていると言ってました。

今回の事故で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

1996年5月21日 オレゴン州スプリングフィールド 死者4名
1997年10月1日 ミシシッピー州バール 死者3名
1997年12月1日 ケンタッキー州バデューカ 死者3名
1998年3月24日 アーカンソー州ジョーンズバラ 死者5名
1999年4月20日 コロラド州リトルトン(コロンバイン高校) 死者13名
1999年8月10日 カリフォルニア州ロサンゼルス 死者5名
2001年3月5日 カリフォルニア州サンデー 死者2名
2002年10月28日 アリゾナ州トゥーソン 死者3名
2005年3月21日 ミネソタ州レッドレイク 死者9名
2006年10月2日 ペンシルバニア州ニッケルマインズ(アーミッシュ学校) 死者5名
2007年4月16日 バージニア州ブラックスバーグ 死者33名

(追記)犯人は、米国内永住権を持つ韓国人学生と発表されましたね!
いずれにしても、永住権申請組の私としては、アジアの人間への永住権発行への風当たりが強くなると困るな。
しかし、風当たりが強くなっても仕方が無い事件ですよ!
ほんと、アメリカに来て、こんなことしかできない人間は、アメリカに来る資格は無い!





posted by アメリカ合衆国情報 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

バージニア工科大学で銃乱射・死者33名

アメリカ合衆国のバージニア工科大学で発生した銃乱射事件。
33名の死者と28名の負傷者を出した銃乱射事件は、25000人の学生が在学しているバージニア工科大学で発生しました。

惨劇の舞台となったのは、ドイツ講座の教室。
死んだふりをして助かった女子学生に寄れば、犯人の男はアジア系の容貌で、革のシャツに弾薬ベルトを巻いていたとのこと。
しきりに教室を除いた後、教室に乱入し、まず教授を拳銃で射殺。その後、男は静かに引き金を引き、生徒を射殺していったとのこと。

一度、教室を立ち去った犯人ですが、30秒後に戻ってきて、ドアを中から押さえた生徒達に対し、ドア越しの乱射を始めたとのことです。

しかし、平和なはずの大学で、何故にこのような恐ろしい事件が。
日本ではちょっと考えられない事件ですし(小学校へ包丁切り込み事件はありましたけど)、アメリカ合衆国内に住み、子供を持つ親としては、今後が心配な出来事ではありますね。
そういえば、以前に次男坊の小学校へやってきた銃を持った銀行強盗を警戒中の警察官が追うのを、次男坊は見たって言っていたな・・・




posted by アメリカ合衆国情報 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

Amish(アーミッシュ) Clive Owen(クライヴ・オーウェン) Sheryl Crow(シェリル・クロウ)

☆☆●● 急上昇の検索キーワード(アメリカ) ●●☆☆
☆Amish(アーミッシュ)
アーミッシュ学校の銃乱射事件により、検索上昇。

☆Clive Owen(クライヴ・オーウェン)
イギリス人の俳優。
俳優のジョージ・クルーニーが評価したことで、
検索急上昇↑

☆Sheryl Crow(シェリル・クロウ)
アメリカの人気女性シンガー。
人気男性シンガーのジョン・メイヤーと一緒に
コンサートツアー中。

☆Nobel Prize
昨日、二人の科学者が、ビッグバン宇宙論で、
ノーベル賞を受けたことで急上昇↑

☆Monday Night Football
秋冬のアメリカの月曜日唯一のアメフトゲームであり、
定番番組。今シーズンは2週目で、対戦は、
「グリーンベイ」vs「フィラデルフィア」



☆☆ オススメ情報 ☆☆
『☆本当に、ただで海外旅行に行ってきました☆』
http://mailzou.com/get.php?R=4172&M=3188

実は、レポート作者を知らずに読み始めて、
読み始めてから、彼女か!と知り、びっくりした訳ですが、
このレポートを読むことで、あなたも彼女と同じ成功が
できるかは、あなた次第であり、
やれば成功する確率は高いかと、私は思います。
有料レポートへの誘導もありませんから、
興味がある方は、是非、ダウンロードしてみてください。
posted by アメリカ合衆国情報 at 09:11| Comment(2) | TrackBack(7) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。