アメリカで流行の洋画 アメリカ合衆国情報♪

スポンサード リンク

2006年09月20日

先週全米1位の洋画: Gridiron Gang

091906.jpg9/15 - 9/17 全米BoxOfficeリポート(興行成績)
1 Gridiron Gang
2 ブラックダリア
3 Everyone's Hero
4 The Last Kiss
5 The Covenant
6 Invincible
7 The Illusionist
8 Little Miss Sunshine
9 Hollywoodland
10 Crank


☆☆●● 洋画: Gridiron Gang ●●☆☆
今週の興行成績1位は、ザ・ロックこと
ドゥエイン・ダグラス・ジョンソン主演、
フィル・ジョアノー監督の「Gridiron Gang」。

実話を基に、
少年院に服役する少年達が、ザ・ロック演じる看守によって
結成されたアメフト・チームでの奮闘を通じて、
自信を取り戻し、成長していくというストーリー。

以下、主演のザ・ロックのデータです。
ドゥエイン・ダグラス・ジョンソン(Dwayne "Douglas" Johnson) 
1972/5/2生 元プロレスラー 男優
主演
2001 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド
2002 スコーピオン・キング 
2003 ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン
2004 ビー・クール
2004 ワイルドタウン 英雄伝説
2005 DOOM
2006 Gridiron Gang


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇よしさんの編集後記◇
少しずつ、時間配分ができてきたかなぁって感じ。
今朝、カーテンを開けたら、家の庭に鹿が居た・爆
先日、庭に、大量に鹿の糞を撒き散らされたからな。
ウサギでしょう!と言っていたカミさんも、これで納得でしょう。

ということで、庭に現れた鹿の撮影に成功です。
posted by アメリカ合衆国情報 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカで流行の洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

先週全米1位の洋画: Invincible

082906.jpg
8/25 - 8/27 全米BoxOfficeリポート(興行成績)

1. Invincible
2. Talladega Nights: The Ballad of Ricky
3. リトル・ミス・サンシャイン
4. Beerfest
5. Accepted
6. ワールド・トレード・センター
7. STEP-UP ステップアップ
8. Idlewild
9. Snakes On A Plane
10. バーンヤード 牧場は大パニック


☆☆●● 洋画: Invincible ●●☆☆
今週の興行成績1位は、マーク・ウォルバーク主演、
エリクソン・コア監督の「Invincible」。

実話を基に、
NFLフィラデルフィア・イーグルスのファンだった
バーテンダーの主人公が、
逆境の中で、30歳にしてフットボールプレイヤーを目指し、
チームの入団テストに挑戦するストーリー。

以下、主演のマーク・ウォルバークのデータです。
マーク・ウォルバーグ(MARK WAHLBERG) 
1971/6/5生 男優
主演
1994勇気あるもの(Renaissance Man)
1995バスケットボール・ダイアリーズ(The Basketball Diaries)
1996悪魔の恋人(Fear)
1997フェイクディール 偽札(Traveller)
1997ブギーナイツ(Boogie Nights)
1998ビッグ・ヒット(The Big Hit)
1999スリー・キングス(Three Kings)
1999NYPD15分署(The Corruptor)
2000パーフェクト・ストーム(The Perfect Storm)
2000裏切り者(The Yards)
2001猿の惑星(Planet of Apes)
2001ロックスター(Rock Star)
2002シャレード(The Truth About Charlie)
2003ミニミニ大作戦(The Italian Job)
2005ハッカビーズ(I Heart Huckabee)
2005フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い(Four Brathers)
2006無敵(Invincible)
posted by アメリカ合衆国情報 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカで流行の洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

アメリカで流行りの映画:Snakes On A Plane

今週の1位は、サマー・シーズン興行を終えて沈静化に入った
映画界の隙間を縫って、強力なライバル不在の中、
デヴィッド・E・エリス監督の「Snake On A Plane」が1位となりました。



☆☆●● Tuesday 洋画: Snakes On A Plane ●●☆☆
残虐な殺人事件の目撃者を告発させるため、
ハワイからロサンジェルスまで彼をエスコートする
FBIエージェントのネヴィル・フリン(サミュエル・ジャクソン)。

ところが、刑務所行き直前の犯罪のボスは、
フライトの途中で、
扉が開くような構造の何百匹の毒蛇を入れたゲージを、
その飛行機の貨物庫へ運ばせることに成功します。

太平洋上空でゲージが開いた後、
乗客席へと現れる何百匹の毒蛇。
フリンは、無事、乗客と目撃者を
ロスへ届けることができるのでしょうか?
posted by アメリカ合衆国情報 at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカで流行の洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

アメリカで流行りの映画:Step UP

 


1位は先週から引き続きウィル・フェルルの新作コメディ
「Talladega Nights」でした。
そして2位は、ディズニー配信のダンス・ムービー「Step UP」です。
ダンス・ムービーということで、参加するシンガーも、
シアラやケリスと豪華です。
サントラ盤の詳細は、こちらをクリック!


☆☆●● Tuesday 洋画: Step UP ●●☆☆
ボルチモアに住む不良生徒のテイラー・ゲージ(チャニング・テイタム)は、
学校で起こした問題のためにボランティア活動を命じられ、
その一環としてストリートダンサーの経験があることから、
クラシック・バレエに関わることになります。

そこでバレエダンサーを夢見る清く美しい女学生ノラ
(ジェナ・ディワン)と出会い、恋に落ちながら、
ダンサーとしての自分の才能を開花していくというストーリー。
posted by アメリカ合衆国情報 at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカで流行の洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

アメリカで流行りの映画: Talladega Nights

「映画版・奥様は魔女」で、二コール・キッドマンの夫役を演じた
ウィル・フェルルの新作コメディが、先週の全米1位を飾りました。
監督は、アダム・マッケイ。日本公開は来年2月予定だそうです。







☆☆●● Tuesday 洋画: Talladega Nights ●●☆☆
リッキー・ボビー(ウィル・フェルル)は、自分のレーサーとしての
夢を追うために家族を残して去った彼の父親リーズの様に、
速く走りたい、本当に速く走りたいといつも夢みています。

そして、どんなことをしてでも勝とうとするリッキーは、
NASCARレーシングにおいて、
国民的ヒーローとして、大評判を起していきます。
彼と、彼の忠実なレースパートナーにして幼馴染のカル・ノートンJr.
(ライリー)は、ほとんどのレースを1着、2着でレースで終え、
ファンをゾクゾクさせる大胆不敵な二人組みです。

フランス人の華麗なフォーミュラードライバーのジーン・ジラード
(コーエン)が、NASCARを支配する為にリッキーに挑戦を仕掛けた時、
リッキーは、一流ドライバーとしてどんな姿を見せてくれるのでしょう!
posted by アメリカ合衆国情報 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカで流行の洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

アメリカで流行りの映画: Miami Vice

本日の情報は、先日米国で封切りされ先週の全米1位の映画です。
マイケル・マンが監督・脚本をつとめるスリル満点の特捜刑事物。
9月上旬、日本封切り予定の最新作『Miami Vice』の紹介です。







☆☆●● Tuesday 洋画: Miami Vice ●●☆☆
1984年から1989年までアメリカで放映された大ヒット刑事ドラマ
『特捜刑事マイアミ・バイス』の映画化です。

フロリダ州マイアミという南の楽園のイメージが強いこの町も、
中南米に最も近い、犯罪組織にとっては、密輸の重要なルート。

洗練された知性派のリカルド・タッブス
(「Ray/レイ」アカデミー賞受賞のジェイミー・フォックス)は、
トゥルーディ(「カリビーン・オブ・パイレーツ2/3」ののナオミ・ハリス)
と同居しながら、3つの殺人事件に関係するグループを特定するため、
麻薬の密輸ルートに入り込み、危険な囮操作を始めます。

そして相棒のソニー・クロケット(「S.W.A.T」のコリン・ファレル)もまた、
中国系キューバ人の麻薬密輸人の妻であるイザベラ
(「さゆり」のコン・リー)とロマンスを繰り広げながら、
危険に身をおいていきます。

潜入捜査という極限下の中のスリルに溢れるストーリーは、
全米1位を納得させる作品でしょう!9月上旬、日本封切り予定です。
posted by アメリカ合衆国情報 at 03:50| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカで流行の洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

アメリカで流行りの洋画: Lady in the Water

本日の情報は、先日米国で封切りされ、
先週の週間売り上げNo.3の洋画
M・ナイト・シャマランが監督・脚本をつとめる
ロマンティック・サスペンス最新作
『Lady in the Water』の紹介です。






☆☆●● Tuesday 洋画: Lady in the Water ●●☆☆
内気なビル管理人のクリーブランド・ヒープ(ポール・ジアマッティ)は、
謎の若い女性(ブライス・ダラス・ハワード)を危機から救い出します。
その女性は実は、おとぎ話から出てきた妖精で、
ヒープの居る現実の世界から、その女性の世界へ戻るため、
危険な旅をしようとしているのをヒープは知ります。

クリーブランドとビルの住人たちは、
自分自身もそのおとぎ話の中の登場人物なのだと気づき始めます。

クリーブランドはその女性にますます心を奪われていき、
彼は住人たちと協力して、
このはかなげな新しい友人を、
おとぎ話の中に住む凶悪な化け物から守ろうとします。
そしてついには、彼女が元の世界に戻れないようにしようと
決意するのでした。
posted by アメリカ合衆国情報 at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカで流行の洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

アメリカで流行の洋画:パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

今、アメリカで一番熱い映画といえば、
ジョニー・デップ主演の
『パイレーツ・オブ・カリビアン
/デッドマンズ・チェスト』であることは、
皆さん、ご存知のはず。






☆☆●● Tuesday 洋画:Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest●●☆☆
全米史上3番目の4133館という劇場数で7月7日に公開された『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』は、初日成績で早くも
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の5,001万ドルをしのぐ
5,554万ドルを稼ぎ出し、歴代興行成績NO.1を樹立。

Exhibitor Relations株式会社による月曜日の報告では、金曜から日曜日の3日間の売り上げも6,230万ドルとなり、トップを守っています。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の関連商品としては、eBayオークションでは、こんな商品が出品されてますよ。
http://tinyurl.com/n3suh
posted by アメリカ合衆国情報 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカで流行の洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。