お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン アメリカ合衆国情報♪

スポンサード リンク

2007年06月29日

パリス・ヒルトン。CNNで刑務所暮らしを語る

ラリー・キングが司会を務めるCNNの『ラリー・キング・ライブ』で出所後初めてTVのトークショーに出演したパリス・ヒルトンは、服役したことは、神様が与えてくれた自身の生活を再評価するチャンスであったと見なしていると話しました。

「これが私にとって新しい人生の始まりのように感じているわ。刑務所でただ座って、私は誰なのか、何をしたいのかを考え抜く旅をするように日々を過ごしたの」
「人々が考えているより、私にとって価値のあるものになったわ」

刑務所での経験が人生を変えるものとなったのかの問いに対してパリス・ヒルトンは
「もちろんです。人生観が変わったの。トラウマになってしまうような経験だったけど、神様が与えてくれたことには全て理由があると感じているわ」

「何が重要で、何がやりたいのかを本気で考えるために、人生の中休みを与えてくれた」

「大変な体験だったけど、とにかく自分自身を見つめる時間になったわ」

酷い扱いを受けたとの問いに対してパリス・ヒルトンは
「そう思うわ。でもどんなに嫌でも、今までより強くなれた分このことが起こってよかったと思ってるわ」

「自分の起こしたことに対して、この刑期は妥当ではなかったと思う。刑務所に入るほどではなかったと感じている」

「もう絶対お酒を飲んで運転しないわ。例え一杯であったとしても絶対同じ間違えは侵さないわ」

パリス・ヒルトンは収監された際の裸になっての身体検査を「人生の中で一番の屈辱的な経験」と表現しました。
「人前でそのようなことを行うことは、とても品のないこと。知らない人の前で洋服を脱がなきゃいけないのよ」

収監された初日に廃人同様となったと話し、閉所恐怖症は女子専用の幽閉された窓なしの2.4メートル×3.6メートルの部屋で悪化したと話すパリス・ヒルトンは、この3週間の短い間に、非常に大きな大切な経験をしました。

「服役中の同じ受刑者たちに支えられた。とてもいい人たちで、通気口を通じて話したの」と同じ受刑者について語れるようになったパリス・ヒルトンの受刑前と受刑後の彼女の変身に、期待したいです。
願わくば、地球温暖化対策に興味を持って欲しいけど・・・

posted by アメリカ合衆国情報 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

パリス・ヒルトン、無事出所

免許停止処分中の運転で逮捕され、カリフォルニア郡刑務所で服役中だったパリス・ヒルトンが6月26日、予定の刑期45日の半分に短縮された約3週間の刑期を終えて出所しました。

刑務所から出たパリス・ヒルトンは、車で待つ両親の元へ走り、母親のキャシー・ヒルトンに抱きつき、殺到するカメラマン達に笑顔で手を振る一場面もあったそうです。

パリス・ヒルトンは服役中に応じた電話インタビューで、「今回のことはパーティー三昧の生活スタイルを改め、女性たちのポジティブな手本になるように、という神からのメッセージだった。出所したら、何か新しいことに挑戦したい」と語り、乳ガンや多発性硬化症などの病気に対する世間の認知を高める活動をしようか考えていると明かしています。
 
ヒルトン一家の広報担当者は、出所を前に「パリスはとてもよくやっている。家に帰る日を心待ちにしているようだ。また、自分を支えてくれたみんなに感謝したいと言っていた」とコメント。

出所後初のインタビューは、27日に米CNNで行われる予定で、この際、出演料は支払われないということです。パリスは同番組への出演を喜んでおり「刑務所体験や、それを通じて学習したこと、どれだけ大人になったか話したい」と語っていると広報担当者。

パリスの両親や友人達はパリスの出所を祝う「つつましやかな集い」を開く予定だと報じられています。
6月12日のニューヨークポストの報道では、ヒルトン家では大掛かりな出所パーティを予定しているとのことだったので、この「つつましやかな集い」は、パリス・ヒルトンの心情の変化による要望によるものなのではと、好意的に考えちゃっているコメンターの『アメリカ合衆国情報』でした。


posted by アメリカ合衆国情報 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

シンプルな生き方をしたいと語るパリス・ヒルトン

6月21日、25日の出所を前にバラエティ番組『E! News』の電話インタビューに応じた服役中のパリス・ヒルトンは、今まで送ってきた豪華な生活スタイルに感謝し、刑務所から出所した際には生まれ変わった女性になることを主張しました。

「たった一つの枕や食事、その他のものでさえも、今持っているもの全部にすごく感謝しているわ」

「私は閉所恐怖症で、部屋はとても狭い。やることはただ座っているだけで何もない。部屋には二段ベッドとトイレと机しかないわ。始めは少し気が狂いそうだったけど、今は慣れてきたわ」

そして、刑期を全うすることに誇りを持っていると話しました。

「ある意味では、私の人生を一変した出来事だったから、このことが起こってよかったと思っているの」
「メディアは私を使って笑いのネタにし、いじめの対象にしていると気づいたわ。正直に言うと、ウンザリしているし、私の名をもっといい方法で使いたいと思っている」

出所後に家族が盛大なパーティーを計画していることに対しては、パリス・ヒルトンは出所後はシンプルな生き方をすることを楽しみにしていると語る。

「家族に会って、おいしい食事を食べて、自分のベッドに寝て、今まで当たり前だと思っていた全てのことを早くやりたくてたまらないの。今までこんなに考えたことなかったわ」
「人生の新しい1ページをスタートしたくてたまらないと感じている。ここは本当に嫌だけど、気分はいいわ」と話しました。

パリス・ヒルトンは、免許停止処分中の運転で45日間の禁固刑を受けるも6月の初旬にわずか3日で刑務所を出所して自宅軟禁となり、批判が噴出。これにより再収監の決定が下され、この際ヒルトン受刑者はむせび泣いていたと言います。

メディアが笑いものにしてきた自分の扱いに気づき、これからは自分の名前をもっと良い方向に使いたいと気が付いたパリス・ヒルトン。
コメンターの『アメリカ合衆国情報』としては、本当に期待しちゃいたい。
人間がどれだけ変われるか。周りによって方向を逸脱させられている若手セレブの目を覚まさせ、セレブに憧れる若者たちに、正しい方向を見せて欲しいです。
パーティ、アルコール、ドラック三昧が正しい方向性では無いでしょ。

posted by アメリカ合衆国情報 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

懲りないヒルトン家の人々:パリス・ヒルトン出所パーティ

飲酒運転の保護観察中に車を運転したパリス・ヒルトン受刑者は、現在数週間の刑期を残しロサンゼルスの刑務所に収監中。
しかし彼女の家族はすでに盛大な「出所」パーティーを計画していると、ニューヨーク・ポスト紙が6月12日に伝えました。
 
同紙によると、パリスの父リック・ヒルトンは、ラスベガスのクラブに対し「出所」パーティー開催場所となる名誉の対価として、5万ドルの現金(約600万円)、飛行機の手配、宿泊施設の提供を要求したということです。
これって、宣伝代として、お店側が用意しろ?ってことなんでしょうか?

早すぎる仮釈放が非難を呼び、ヒルトン受刑者は8日に再収監されたため、パーティーはいったん保留になりましたが、今後さらに大がかりなパーティーが計画されているとのこと。

うーん。刑務所の中のパリス・ヒルトン。
懲りない家族の計画をどう受け止めるか。
コメンターの『アメリカ合衆国情報』は、大掛かりなパーティなど望んでいないと思いますけど。

posted by アメリカ合衆国情報 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

パリス・ヒルトンに変化の兆し

3日で出所、1日で刑務所へ逆戻りと、裁判所の決定に振り回されているパリス・ヒルトンですが、再収監の決定が下された際、涙を流したパリス・ヒルトンも、脱水症状の治療を郡刑務所の医療施設で受けつつ、刑務所内での生活を「これまでで最もつらい経験」と語りつつ、今度の再収監に対して、パリス・ヒルトンは上訴しない考えとのこと。

また、今回の一連の加熱報道に対し、
「メディアや市民は、イラクや世界各地で米国のために闘っている人々など、もっと重要なことに目を向けてほしい」
と冷静な一面も見せています。

面会に訪れたパリス・ヒルトンの妹のニッキー・ヒルトンにして、「彼女は強くなっている」と語ったということです。

いずれにしても、健康だけは気遣って、残りの刑期を頑張って乗り越えて欲しいものです。


posted by アメリカ合衆国情報 at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

女子刑務所入所時に撮影されたパリス・ヒルトンの顔写真

こちら、ロサンゼルス郊外リンウッドの女子刑務所で入所時に撮影されたパリス・ヒルトンの顔写真です。

それにしても、刑務所入所前の顔写真が世界に配信されてしまうなんて、ちょっと不憫ですよね・・・

さて、そのパリス・ヒルトンですが、6月5日までに出頭することになっていましたが、殺到するメディアの裏をかくために、6月3日の夜遅く、ロサンゼルスのダウンタウンにある男子刑務所に出頭したそうです。
3日と言えば、音楽専門チャンネルMTVが主催する映画祭、MTV・ムービー・アワード2007の授賞式に登場した日。
司会者はこの一件についてジョークを飛ばしたそうですが、パリス。・ヒルトンの気持ちになると、ちょっと不謹慎だと私は思いますけど。

母親のキャシー・ヒルトンと妹のニッキー・ヒルトン、そして弁護士さんに付き添われて男子刑務所へ出頭したパリスを、警察がハリウッドから25キロの距離にあるロサンゼルス郊外リンウッドの女子刑務所へ移送したとか。

とにかく、女子刑務所の前に張り込んでいたパパラッチ集団を一掃し、安全上の問題を回避することができたということで、こういったヒルトン側の協力も、警察の心情を良くしたことでしょうね。

パリスは、服役の覚悟として、
「怖いけれど、服役する準備はできています」「この数週間、とても長い時間考えて、自分が犯した間違えに気付きました」「今回の事件は、わたしの人生で最も重要な意味を持つものです。わたしは自分の行動に対して責任をとらねばなりません。将来も積極的に責任ある行動をとっていこうと思います」
と答えているそうで、パリス・ヒルトンの言動の影には、祖母や母親キャシー・ヒルトンの言動からの影響も大きいと聞いてます。

素行次第では、刑期は45日から23日間に短縮される可能性もあるということで、出所後のパリス・ヒルトンの変わり様に、コメンターの『アメリカ合衆国記者』は期待したいですね。
皆さんは、彼女は変わると思いますか?

posted by アメリカ合衆国情報 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(1) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

明日、刑務所入りのパリス・ヒルトン

ヒルトンホテルのヒルトン家の長女で、約3000万ドル(約36億円)−5000万ドル(約60億円)の財産の相続権を持っているお騒がせセレブのパリス・ヒルトンが6月5日、いよいよロサンゼルス南部リンウッドの女子刑務所に入所します。

パリス・ヒルトンは先月、酒気帯び運転で受けた保護観察処分に違反したとして、6月5日から45日間の禁固刑を言い渡されました。

待ち受ける禁固刑という運命にショックを受けたらしいパリス・ヒルトンは、ここ数週間ハリウッドのパーティーシーンには姿を見せていないそうです。但し、6月2日の新型ブラックベリー発売記念パーティーと、6月3日のMTV・ムービー・アワード2007会場には姿を見せているというのが微妙ですが、その時の画像の表情は、流石に明るくは見えません。

パリス・ヒルトンの母親、キャシー・ヒルトンさんは、芸能ニュース専門サイトTMZ.comに、パリスは「準備をし、祈っています」と語ったそうです。

パリス・ヒルトンはほかの受刑者の好奇の目を避けるため特別室に収監される予定で、同室者は1人だけだろうということで、「善行」が認められれば刑期が23日間に短縮される可能性もあります。

高校を中退して、不動産王ドナルド・トランプ氏のエージェンシーでモデルとして活躍し、妹のニッキー・ヒルトンとともに、次第にパーティーガールとして有名になっていったヒルトン家の令嬢ですが、コメンターの『アメリカ合衆国情報』としましては、出所後のパリス・ヒルトンに注目したいです。彼女にとって良い意味で、他の悪行若手セレブと一線を引くような変身に期待するのは無理がありますかね?


posted by アメリカ合衆国情報 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(1) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

ハリウッドセレブの暴走

パリス・ヒルトンの45日の禁固刑で、ちょっとは大人しくなるかと思ったハリウッド・セレブですが、今度は、リンジー・ローハンの飲酒運転に、私は、呆れて物が言えません・・・

まず、20歳のリンジー・ローハンですが、カリフォルニアで飲酒が認められているのは21歳なのですが、アルコール依存症治療のためのリハビリ施設に入院っていうのは、一体全体なんなんでしょう・・・
更に、入院の3日前の26日には、飲酒運転容疑で警察に出頭を命じられたばかりだったというから、驚きです。更に、その事故の際に車内から違法薬物が発見されたとか。

パリス・ヒルトンの45日の禁固刑の影響は、ハリウッド・セレブにとって、全く影響を及ぼさない物なのでしょうか?

パリス・ヒルトンの次に刑務所へ入るのは、飲酒運転容疑の公判が間もなく開かれる歌手ライオネル・リッチーの養子であるニコール・リッチーと言われています。二コール・リッチーは、2003年にも同様の容疑で判決を受けていますので、カリフォルニア州法では、再犯者の服役が義務づけられているそうです。

こういった暴走を続けるハリウッドの若手セレブ達ですが、アメリカ合衆国に住む20代前半の若者に対しても、アルコールや薬物に関する悪い影響を受けているのは言うまでもありません。

親や先生などのいう事よりも影響力の大きいセレブの行動。
ほんの若干数のトップの若手セレブ達の行動する方向如何で、社会に良い影響を与えることもできると思うのですが。

イラクでは、アラブ版のオーディション番組「アメリカンアイドル」とも言うべき、レバノンのテレビ番組「スター・アカデミー」で優勝に輝いたShadaさんは、アイドルの力で人々の心を魅了し、宗派間抗争で割れる国を一つにしたというのに。




posted by アメリカ合衆国情報 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(2) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

パリス・ヒルトンから恩赦要求⇒シュワルツェネッガー知事

飲酒運転⇒無免許運転で実刑判決を受けたパリス・ヒルトンが45日間の実刑判決を受けたことは既に報道済みですが、実刑判決を免れる為に支援者と共にカリフォルニア州のアーノルド・シュワルツェネッガー州知事に対して恩赦を要求しているそうです。

さて、ホームページから始まったこの懇願ですが、パリス・ヒルトンへの同情からの懇願ですが、ここで刑を取り消せば、不公平だ!と、それこそ問題が広がるでしょう・汗

パリス・ヒルトンは、飲酒運転の危険性に対するスケープ・ゴートになったという見方もあるようですが、有名人だからこそ、モラルは守るべきだと思います。

この記事を読んだ人で、飲酒運転で捕まって免許停止に成った後も、運転をする人が何人居るでしょう?
100人に一人?1000人に一人?
そう考えれば判る通り、残念ながら、パリス・ヒルトンの取った行動は、無罪には値しないと私は思うのですが。

ちなみに、マネージャーは解雇されないようですね。
マネージャーの解雇は効果が無さそうということで、取りやめに成ったかな?
今後も、いろいろ策を練ってくると思いますが、可愛そうだけど45日の刑務所入りだろうな。
出所後の彼女の態度で、今後の彼女の将来も決まると思うけど。
同じマネージャーが甘やかすとダメかも・・・

posted by アメリカ合衆国情報 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

パリス・ヒルトン、マネージャーとの関係解消の裏にあるものは?

飲酒運転、無免許運転のパリス・ヒルトンが実刑判決で45日の刑務所入りであることについては、前回紹介しました。
こちらを参照ください。
http://usakids.seesaa.net/article/40897830.html

そのパリス・ヒルトンが、今度は、長年連れ添ったマネージャーと関係を解消するそうです。

その理由は、パリス・ヒルトンの無免許運転は、マネージャーが「運転しても問題無い」と言ったから。
もちろん、マネージャーも認めており、パリス・ヒルトンに対して、全面的にフォローの体制に入っています。

さて、ここで問題。
マネージャーの言っていることは真実でしょうか?
また、裏で、大金が動いていることは無いでしょうか?

さて、今の段階では、パリス・ヒルトンは6月5日までにリンウッドにある拘留所に出頭しない場合、90日間の拘留を余儀なくされるおそれがあります。

そして、弁護士のHoward Weitzman氏は、パリス・ヒルトンへの判決に対し、7日には上訴が認められています。
弁護士は上訴審で禁固刑を科した判決は誤りであることを立証できるのか?
6月5日まで今後の展開が気になるパリス・ヒルトン実刑事件です。


posted by アメリカ合衆国情報 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(1) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

パリス・ヒルトン:45日の刑務所入り

ヒルトン財閥のご令嬢パリス・ヒルトンが、ついに、45日の刑務所入りと相成りました。
パリス・ヒルトンに出された礼状は、禁固刑。同じく刑務所に入る刑として、懲役刑というのがありますが、懲役刑が罰則に対し労働も課せられるのに対し、禁固刑は労働は課せられず、期間中、刑務所での生活を強いられる刑です。

45日の禁固刑に処せられたパリス・ヒルトンは、6月25日から45日間、刑務所で生活することになります。

保釈金を積むというのは、判決がでるまでの話ですので、判決が出た今は、刑務所に入るしか方法は無いと思います。

そもそも、パリス・ヒルトンに禁固刑が出たいきさつは、パリス・ヒルトンの飲酒運転です。そこに3年間の保護観察と免許停止が告げられています。それにも関わらず、パリス・ヒルトンは運転をし、ハイウェーパトロールに捕まり、運転をしないという書類に署名をしています。
更にロサンゼルスで無灯火運転で捕まったパリス・ヒルトンは、運転していた車(ベントレー・コンチネンタルGTC)を没収されました。

そして、今回の45日間の禁固刑の判決が出たわけです。

飲酒運転、無免許運転、無免許での無灯火運転という3つの違反に対しての45日間の禁固刑。
これは、パリス・ヒルトンにとって、想定内の出来事なのでしょうか?


posted by アメリカ合衆国情報 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(1) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

パリス・ヒルトン 保護観察処分中の違反で出廷命令

パリス・ヒルトンは、免許停止処分中に運転していたことが発覚していましたが、ロザンゼルス州地裁の判事に、「5月4日に行われる聴聞会に出席しなければならない。」と述べられたそうです。
保護観察処分中の違反で有罪判決が下れば最長90日間収監される可能性があるとのことで、どうなるか興味津々。

パリス・ヒルトン、画像では反省の欠片も無さそうな笑顔ですが、ここは少しは世間の厳しさを教えるためにも、有罪判決として欲しいもんです。
でも、保釈金を払えば、すぐ刑務所から出られるのかな?


posted by アメリカ合衆国情報 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(2) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。