ジョージ・W・ブッシュ米大統領 アメリカ合衆国情報♪

スポンサード リンク

2007年06月27日

「ブレア首相の役割はプードル以上だ!」とブッシュ大統領

トニー・ブレア英首相と言えば、2003年の米軍によるイラク侵攻を支持し、2006年にもレバノンを空爆したイスラエル批判を控えるなど米国寄りの姿勢を貫いたことから、「ブッシュのプードル」と陰口をたたかれていました。

ブッシュ大統領は、これを承知しているとしながら、「外野が騒いでいるにすぎない。馬鹿げた嘲笑にまともに対処する必要などない」と述べ、ブレア首相の役割は「プードル以上だった」と語ったそうです。
って、冷静に考えて、凄い回答ですよね。
一国の首相に対して、「プードル以上だった」って普通言わないです。

これは、ブレア英首相が退陣する6月27日に発売される大衆紙「サン(The Sun)」に掲載されたジョージ・W・ブッシュ米大統領のトニー・ブレア首相との数々の思い出を語ったインタビューからの抜粋です。

更に、支持者だけでなく政敵からも称賛を浴びたブレア首相の話力をうらやましく思っていたとも明かし、「トニーの言葉は明確で、彼の話力は素晴らしい。自分も彼のようにしゃべれたらと思う。彼は本当に、ちゃんと思いを言葉で伝えられるのだ。米国でも何度か感動的な演説をしてくれた。ブレア首相が優れた書き手であることは明らかだが、演説家としても一流だ」と述べたそうですが、人を羨む前に、自分が米大統領の器ではないことには気がつかないんですね・・・

一方、両者では話法がかなり異なることも認め、「ブレア首相の演説スタイルは高尚で雄弁なものだが、私はもっとストレートな語り方を心がけている」とも語ったそうです。
いくらストレートでも、「プードル以上だった」は無いですよね・・・

このほか、ブッシュ大統領は、自身が任期を終える2008年まで首相にとどまるようブレア首相に説得した事実を明かしたそうです。「身勝手なことだが、トニーにこう言った。『僕が辞めるまで首相でいてほしい』ってね」

10年間首相を務めたブレア氏は、英首相の座を6月27日、労働党首の座を盟友でライバルでもあるゴードン・ブラウン財務相に譲ります。議会では与党労働党が多数派を占めることから、ブラウン氏が自動的に後任の首相となります。
ブラウン氏が、米大統領に「プードル以上だった」と言われても、大人の対応ができる人であることを祈ります。

にしても、ブレア英首相ったら、どうしてそんなにブッシュのご機嫌取りをしたの?

posted by アメリカ合衆国情報 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

ブッシュ大統領の指示する新移民対策法案

6月7日に、上院本会議で反対多数で否決され、事実上廃案になったジョージ・W・ブッシュ大統領が強く支持していた移民対策法案ですが、その後のブッシュ大統領の働きかけで、上院での再審議にこぎつけました。

但し、議会内では依然として反対の声が根強い状況。
反対の理由として、不法移民に罰金を支払うことで参加できる一時労働者プログラム「Zビザ」という法的地位を与える部分で、不法移民に法的地位を与えれば、不法入国する移民の数が増えると言う懸念によるもの。

それに対し、ブッシュ大統領は、「逮捕された不法入国者は国外追放されるだけでなく、就労ビザでも観光ビザでも二度と米国に入国できない」こと明確にし、新法案には、「パトロール隊員の人員補強」「新たなフェンスの建設」「赤外線カメラなど不法入国を妨げるための設備購入」の費用として、国境パトロール隊に対して44億ドル(約5450億円)の補助を行うという内容が盛り込んだことで、法案を通す気構えです。

にしても、ブッシュ大統領がこの法案を通したがる裏には、何があるのでしょうね。

posted by アメリカ合衆国情報 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

ブッシュ大統領:米ロ関係について苦言を受ける

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との米ロ首脳会談は、7月1、2の両日にメイン州ケネバンクポートのブッシュ大統領の別荘で開催され、米ミサイル防衛システムの配備計画、コソボの最終地位問題、核開発の協力などについて協議される予定です。

本来なら、この協議では、米国のミサイル防衛システムの東ヨーロッパ配備の発表を機に緊張が高まっている米ロ関係について、緊張緩和になるような現実的な協議が必要なわけですが、ブッシュ大統領に任せると、「政治的演出」による幻想だけに終わることを懸念している模様。

現在は、ロシアの社会変革の影響もあって、『冷えきった平和』の状態になりつつあるので、「政治的演出」をやめて米ロ関係改善を現実的な戦略関係を示し、「真剣に」検討すべと、ブッシュ大統領は苦言を受けているようです。


posted by アメリカ合衆国情報 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キリスト教信者のブッシュ大統領、ES細胞研究法案に再度拒否権

ES細胞というのは、初期段階の体のあらゆる組織に分化する可能性を持つ肺細胞で、パーキンソン病、認知症、糖尿病、およびがんなどの完治の難しい疾患に対する治療法発見への貢献が期待されている細胞です。

さて、このES細胞研究法案に対し、現アメリカ合衆国大統領のジョージ・W・ブッシュは、胚性幹細胞(ES細胞)研究への支援を求める法案に対し2度目の拒否権を発動しました。

で、その拒否権を発動したブッシュ大統領の理由ですが、
「それは、生命の神聖さを侵すものだ!」という理由だそうで、
科学者からの非難が予測されています。

信心深いキリスト教徒であるブッシュ大統領は、「ヒトの胚細胞を研究目的に利用することは、自身の信仰に反するものだ!」という理由によるものだそうです。

さて、世界のリーダーアメリカ合衆国大統領のブッシュ大統領のこの判断。皆さん、如何でしょう?


posted by アメリカ合衆国情報 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

次々と去り行くブッシュ大統領の側近たち

ジョージ・W・ブッシュ米大統領の側近の1人、行政管理予算局のロブ・ポートマン局長が6月19日、辞意を表明しました。

過去の側近の辞任は、ブッシュ大統領の腹心、ドナルド・ラムズフェルド前国防長官が、2006年の中間選挙での共和党大敗の責任を負う形で辞任。この時の選挙では、ブッシュ政権のイラク政策を厳しく批判した民主党が下院議席の過半数を奪回しています。

このほかにも、2005年には米中央情報局(CIA)工作員の身元漏えい事件への関与でルイス・リビー元副大統領主席補佐官が、5月には国家安全保障問題を担当するJ・D・クラウチ大統領副補佐官が政権を去っています。

今後のブッシュ大統領の側近の動きにも、興味がもたれます。


posted by アメリカ合衆国情報 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

アメリカ合衆国ブッシュ大統領の支持率。過去最低を記録!

米経済紙「ウォールストリートジャーナル」とテレビ放送大手NBCによる共同世論調査によると、ジョージ・W・ブッシュ米大統領の支持率が29%と、過去最悪を更新したと報じられました。

支持率低下の背景には、ブッシュ政権のイラク戦略や不成立となった移民法改正案に対する失望感があるとみられます。

前回2006年12月の同調査の時には34%だった大統領支持率は一気に下降し、就任から6年間で最悪。回答者の三分の二は、ブッシュ大統領の政策運営を支持していないと答え、不支持率は前回の61%を上回りました。

また、「米国は正しい方向へ向かっていると思う」と答えた回答者は前年12月の調査時には29%、2か月前には22%だったが、今回は10%のみだったそうです。
反対に、「国は誤った方向へ向かっていると思う」という回答は68%にも上り、6か月前から12%も増えたそうです。

さらに、民主党と共和党のどちらが自分の信条に近いかという質問に対し、民主党を選んだ回答が49%で、共和党の36%を大きく超え、WSJ紙によると、これは共和党政権の支持率として過去20年間で最低の数字だそうです。

こういう大統領が何故再選されたのか?
アメリカの選挙制度も、よく判らないですね。

posted by アメリカ合衆国情報 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

何故にブッシュ大統領の腕時計盗難騒ぎ?

ホワイトハウス、ブッシュ大統領の腕時計盗難説を否定
2007年06月14日 19:17 発信地:ティラナ/アルバニア
関連写真 1枚

2007年6月10日、ティラナ(Tirana)郊外のフシャ・クルヤ(Fushe-Kruja)で、車から群衆に手を振る米国のジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)大統領(中央)。(c)AFP/Jim WATSON



この記事を読む前、コメンターの「アメリカ合衆国情報」は、ブッシュ大統領が、他の人の時計が欲しくて、盗んでしまったのかと思いました。
何だか、ブッシュ大統領ならやりかねないような気がして・・・

さて、ホワイトハウスのトニー・スノー大統領報道官は、ジョージ・W・ブッシュ大統領がアルバニア訪問中に腕時計を盗まれたと一部で報じられたことについて、「時計はポケットにあった」と盗難説を否定しました。

盗難説は、動画共有サイトYouTubeで、前週末アルバニアの首都ティラナを訪問したブッシュ大統領が興奮した群衆に囲まれて住民らと握手している間に、腕時計が消えたようにも見える動画が掲載されたことを発端としている模様。

「大統領は腕時計をポケットにしまっており、無事に持ち帰った」とのことで、何はともあれ、ブッシュ大統領が他の人の時計を欲しくて盗難した訳ではなくて、良かったです。


posted by アメリカ合衆国情報 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

みんな友達。ローマ法王を閣下と呼ぶブッシュ大統領

熱心なキリスト教信者であるアメリカ合衆国のジョージ・W・ブッシュ大統領は、6月9日にバチカン市で、ローマ法王ベネディクト16世に対し、法王への尊称「聖下(His Holiness)」ではなく「閣下(sir)」と呼びかけたと報道されました。

また、ローマ法王が対面のため書斎の戸口でブッシュ大統領を待ち受けている時、近くに知り合いの顔を見つけた大統領は「やあ、どうだい(How ya doin’?)」とその人物にくだけたあいさつの言葉をかけたといいます。
って、子供じゃないんだから、もっときちんとした挨拶を・・・
ローマ法王に会えて、とても嬉しすぎて、ブッシュ大統領は、舞い上がってしまったのでしょうか?

さらに、書斎で机を挟んで法王に向かい合ったブッシュ大統領は、足を組んだ「テキサス流」のリラックスした姿勢をとって、内謁に臨まれたそうです。
ブッシュ大統領の感覚は、一度会ったら、皆、友達なんでしょうか?
毎日会えば、兄弟なんでしょうか?

posted by アメリカ合衆国情報 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

G8サミット前のブッシュ大統領の毎週恒例のラジオ演説

主要国首脳会議(G8サミット)を間近に控えた6月2日、毎週恒例のラジオ演説でジョージ・W・ブッシュ大統領が述べたのは、米国の「国際指導力と寛大さ」を称える演説でした!

ブッシュ大統領は、イラク問題や米国が長年にわたり温室効果ガスの徹底的な排出削減に反対姿勢を貫いていることには言及せず、代わりに「社会を貧困から救う」ことや、世界中の「混乱と苦痛を緩和する」ことに対する米国の努力を強調したとのこと。

ブッシュ大統領は「われわれの国家は、助けを必要としている人々を援助し、力づけてきた。米国は、世界中でチャンスを拡大する手助けをしてきたのだ」と述べ、さらに「国民は、米国の国際指導力と寛大さを誇りに思うべきだ」と語ったそうです。

ブッシュ大統領の貧困層に対する理解を示す素晴らしい演説とは相反し、6日に開幕するサミットの会期中、会場付近では貧困撲滅運動の活動家や反グローバル化運動の活動家らによる10万人規模の抗議活動が行われるとみられ、米国はイラク戦争をめぐり激しい非難を浴びることが予想されています。

posted by アメリカ合衆国情報 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

2008年アメリカ大統領選挙におけるクリントン元大統領の存在

ブッシュさんは、ほんと、もう結構です!
と言う感じですが、クリントン大統領の頃は、世界ももっと平和だったんですよね。
なんだかんだと言っても、ジョージ・ブッシュになってから、世界が険悪になってきているような気がします。


さて、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙。
ヒラリー・クリントンの立候補で、初めてのアメリカ合衆国女性大統領の可能性も高まる中、ヒラリー・クリントン候補がアメリカ合衆国の大統領になると、ビル・クリントン元大統領は、ファースト・レディならず、ファースト・ハズバンドとなるわけで、元アメリカ合衆国大統領としての威厳というか、経験と言うか、存在と言うか、ヒラリー・クリントン候補と共に、良き平和のシンボルとなってくれそうな予感がしますけど。

結構、興味深い2008年アメリカ合衆国大統領選挙です。

ちなみに、アメリカ合衆国法では、大統領の配偶者が閣僚となることを禁じていますので、ヒラリー・クリントン候補は、元大統領を国際舞台における特命大使として起用する考えを示しているそうです。

何でも良いから、もう少し平和な世界に戻して欲しいです。やっぱ、アメリカ合衆国のリーダーは、嫌われ役じゃない人が良いです。
何でも、戦争、戦争で片付けようとすると、いろいろな国の考え方も荒んできますから。


posted by アメリカ合衆国情報 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。