パリス・ヒルトン。CNNで刑務所暮らしを語る アメリカ合衆国情報♪

スポンサード リンク

2007年06月29日

パリス・ヒルトン。CNNで刑務所暮らしを語る

ラリー・キングが司会を務めるCNNの『ラリー・キング・ライブ』で出所後初めてTVのトークショーに出演したパリス・ヒルトンは、服役したことは、神様が与えてくれた自身の生活を再評価するチャンスであったと見なしていると話しました。

「これが私にとって新しい人生の始まりのように感じているわ。刑務所でただ座って、私は誰なのか、何をしたいのかを考え抜く旅をするように日々を過ごしたの」
「人々が考えているより、私にとって価値のあるものになったわ」

刑務所での経験が人生を変えるものとなったのかの問いに対してパリス・ヒルトンは
「もちろんです。人生観が変わったの。トラウマになってしまうような経験だったけど、神様が与えてくれたことには全て理由があると感じているわ」

「何が重要で、何がやりたいのかを本気で考えるために、人生の中休みを与えてくれた」

「大変な体験だったけど、とにかく自分自身を見つめる時間になったわ」

酷い扱いを受けたとの問いに対してパリス・ヒルトンは
「そう思うわ。でもどんなに嫌でも、今までより強くなれた分このことが起こってよかったと思ってるわ」

「自分の起こしたことに対して、この刑期は妥当ではなかったと思う。刑務所に入るほどではなかったと感じている」

「もう絶対お酒を飲んで運転しないわ。例え一杯であったとしても絶対同じ間違えは侵さないわ」

パリス・ヒルトンは収監された際の裸になっての身体検査を「人生の中で一番の屈辱的な経験」と表現しました。
「人前でそのようなことを行うことは、とても品のないこと。知らない人の前で洋服を脱がなきゃいけないのよ」

収監された初日に廃人同様となったと話し、閉所恐怖症は女子専用の幽閉された窓なしの2.4メートル×3.6メートルの部屋で悪化したと話すパリス・ヒルトンは、この3週間の短い間に、非常に大きな大切な経験をしました。

「服役中の同じ受刑者たちに支えられた。とてもいい人たちで、通気口を通じて話したの」と同じ受刑者について語れるようになったパリス・ヒルトンの受刑前と受刑後の彼女の変身に、期待したいです。
願わくば、地球温暖化対策に興味を持って欲しいけど・・・

posted by アメリカ合衆国情報 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46173480

この記事へのトラックバック
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。