アメリカ合衆国嫌いです!反米感情、大国離れ アメリカ合衆国情報♪

スポンサード リンク

2007年06月28日

アメリカ合衆国嫌いです!反米感情、大国離れ

世論調査機関「ピュー・リサーチ・センター」が6月27日に発表した調査結果によれば、世界各国で反米的な感情が高まる一方、大国ロシアや中国に対する不信感も根強いという傾向が示されたそうです。

同センターが47カ国、4万5000人からの聞き取りによると、アメリカ合衆国に対する他国のイメージは、過去5年低下しつづけているそうです。

地域別に見ると、アフリカ諸国ではコートジボワールで米国支持が88%に達するなど好感を保っていますが、その半面、中東では依然として反感が強く、親米派はトルコの9%のみ。
西側諸国でも2002年から2007年にかけて親米感情は軒並み減退。フランスで62%から39%に、ドイツで60%から30%に、英国では75%から51%にそれぞれ減少しているとのこと。

世界の指導者としてのジョージ・W・ブッシュ米大統領に対する信頼は低下の一方。

と言っても、大国に対する不信感が募ってはいても、反米姿勢を強めるウゴ・チャベスベネズエラ大統領やマハムード・アハマディネジャドイラン大統領への信頼が高まるというわけでもありません。

世界で最も懸念される問題としては、多くの国で公害と環境問題が筆頭に上がり、環境破壊に対して最も大きな責任がある国は米国を挙げた人が最も多かったそうです。

アメリカという国、自国を離れれば、戦争で環境を破壊し、自国を見れば、CO2排出量も中国と並んでトップクラス。一人あたりの排出量は、世界一。って、国ですから。
それにしても、アメリカ国内のブッシュ離れも凄まじいですし、ブッシュが政権を持っていることによる世界的弊害って、凄いことだと思います。


タグ:反米
posted by アメリカ合衆国情報 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46163298

この記事へのトラックバック

国を集めた
Excerpt: 地理海岸部は高温多湿の熱帯性気候、内陸部はサバンナ。経済独立後経済は順調に推移し、「西アフリカの優等生」といわれ、比較的高い経済水準を維持。1人当たり国民総所得も他のアフリカ諸国と比べて高い。主要産業..
Weblog: 国を集めた
Tracked: 2007-07-26 13:05
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。