ブッシュ大統領:米ロ関係について苦言を受ける アメリカ合衆国情報♪

スポンサード リンク

2007年06月22日

ブッシュ大統領:米ロ関係について苦言を受ける

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との米ロ首脳会談は、7月1、2の両日にメイン州ケネバンクポートのブッシュ大統領の別荘で開催され、米ミサイル防衛システムの配備計画、コソボの最終地位問題、核開発の協力などについて協議される予定です。

本来なら、この協議では、米国のミサイル防衛システムの東ヨーロッパ配備の発表を機に緊張が高まっている米ロ関係について、緊張緩和になるような現実的な協議が必要なわけですが、ブッシュ大統領に任せると、「政治的演出」による幻想だけに終わることを懸念している模様。

現在は、ロシアの社会変革の影響もあって、『冷えきった平和』の状態になりつつあるので、「政治的演出」をやめて米ロ関係改善を現実的な戦略関係を示し、「真剣に」検討すべと、ブッシュ大統領は苦言を受けているようです。


posted by アメリカ合衆国情報 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。