アメリカ合衆国情報♪

スポンサード リンク

2007年06月29日

パリス・ヒルトン。CNNで刑務所暮らしを語る

ラリー・キングが司会を務めるCNNの『ラリー・キング・ライブ』で出所後初めてTVのトークショーに出演したパリス・ヒルトンは、服役したことは、神様が与えてくれた自身の生活を再評価するチャンスであったと見なしていると話しました。

「これが私にとって新しい人生の始まりのように感じているわ。刑務所でただ座って、私は誰なのか、何をしたいのかを考え抜く旅をするように日々を過ごしたの」
「人々が考えているより、私にとって価値のあるものになったわ」

刑務所での経験が人生を変えるものとなったのかの問いに対してパリス・ヒルトンは
「もちろんです。人生観が変わったの。トラウマになってしまうような経験だったけど、神様が与えてくれたことには全て理由があると感じているわ」

「何が重要で、何がやりたいのかを本気で考えるために、人生の中休みを与えてくれた」

「大変な体験だったけど、とにかく自分自身を見つめる時間になったわ」

酷い扱いを受けたとの問いに対してパリス・ヒルトンは
「そう思うわ。でもどんなに嫌でも、今までより強くなれた分このことが起こってよかったと思ってるわ」

「自分の起こしたことに対して、この刑期は妥当ではなかったと思う。刑務所に入るほどではなかったと感じている」

「もう絶対お酒を飲んで運転しないわ。例え一杯であったとしても絶対同じ間違えは侵さないわ」

パリス・ヒルトンは収監された際の裸になっての身体検査を「人生の中で一番の屈辱的な経験」と表現しました。
「人前でそのようなことを行うことは、とても品のないこと。知らない人の前で洋服を脱がなきゃいけないのよ」

収監された初日に廃人同様となったと話し、閉所恐怖症は女子専用の幽閉された窓なしの2.4メートル×3.6メートルの部屋で悪化したと話すパリス・ヒルトンは、この3週間の短い間に、非常に大きな大切な経験をしました。

「服役中の同じ受刑者たちに支えられた。とてもいい人たちで、通気口を通じて話したの」と同じ受刑者について語れるようになったパリス・ヒルトンの受刑前と受刑後の彼女の変身に、期待したいです。
願わくば、地球温暖化対策に興味を持って欲しいけど・・・

posted by アメリカ合衆国情報 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

アメリカ合衆国嫌いです!反米感情、大国離れ

世論調査機関「ピュー・リサーチ・センター」が6月27日に発表した調査結果によれば、世界各国で反米的な感情が高まる一方、大国ロシアや中国に対する不信感も根強いという傾向が示されたそうです。

同センターが47カ国、4万5000人からの聞き取りによると、アメリカ合衆国に対する他国のイメージは、過去5年低下しつづけているそうです。

地域別に見ると、アフリカ諸国ではコートジボワールで米国支持が88%に達するなど好感を保っていますが、その半面、中東では依然として反感が強く、親米派はトルコの9%のみ。
西側諸国でも2002年から2007年にかけて親米感情は軒並み減退。フランスで62%から39%に、ドイツで60%から30%に、英国では75%から51%にそれぞれ減少しているとのこと。

世界の指導者としてのジョージ・W・ブッシュ米大統領に対する信頼は低下の一方。

と言っても、大国に対する不信感が募ってはいても、反米姿勢を強めるウゴ・チャベスベネズエラ大統領やマハムード・アハマディネジャドイラン大統領への信頼が高まるというわけでもありません。

世界で最も懸念される問題としては、多くの国で公害と環境問題が筆頭に上がり、環境破壊に対して最も大きな責任がある国は米国を挙げた人が最も多かったそうです。

アメリカという国、自国を離れれば、戦争で環境を破壊し、自国を見れば、CO2排出量も中国と並んでトップクラス。一人あたりの排出量は、世界一。って、国ですから。
それにしても、アメリカ国内のブッシュ離れも凄まじいですし、ブッシュが政権を持っていることによる世界的弊害って、凄いことだと思います。


ラベル:反米
posted by アメリカ合衆国情報 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

「ブレア首相の役割はプードル以上だ!」とブッシュ大統領

トニー・ブレア英首相と言えば、2003年の米軍によるイラク侵攻を支持し、2006年にもレバノンを空爆したイスラエル批判を控えるなど米国寄りの姿勢を貫いたことから、「ブッシュのプードル」と陰口をたたかれていました。

ブッシュ大統領は、これを承知しているとしながら、「外野が騒いでいるにすぎない。馬鹿げた嘲笑にまともに対処する必要などない」と述べ、ブレア首相の役割は「プードル以上だった」と語ったそうです。
って、冷静に考えて、凄い回答ですよね。
一国の首相に対して、「プードル以上だった」って普通言わないです。

これは、ブレア英首相が退陣する6月27日に発売される大衆紙「サン(The Sun)」に掲載されたジョージ・W・ブッシュ米大統領のトニー・ブレア首相との数々の思い出を語ったインタビューからの抜粋です。

更に、支持者だけでなく政敵からも称賛を浴びたブレア首相の話力をうらやましく思っていたとも明かし、「トニーの言葉は明確で、彼の話力は素晴らしい。自分も彼のようにしゃべれたらと思う。彼は本当に、ちゃんと思いを言葉で伝えられるのだ。米国でも何度か感動的な演説をしてくれた。ブレア首相が優れた書き手であることは明らかだが、演説家としても一流だ」と述べたそうですが、人を羨む前に、自分が米大統領の器ではないことには気がつかないんですね・・・

一方、両者では話法がかなり異なることも認め、「ブレア首相の演説スタイルは高尚で雄弁なものだが、私はもっとストレートな語り方を心がけている」とも語ったそうです。
いくらストレートでも、「プードル以上だった」は無いですよね・・・

このほか、ブッシュ大統領は、自身が任期を終える2008年まで首相にとどまるようブレア首相に説得した事実を明かしたそうです。「身勝手なことだが、トニーにこう言った。『僕が辞めるまで首相でいてほしい』ってね」

10年間首相を務めたブレア氏は、英首相の座を6月27日、労働党首の座を盟友でライバルでもあるゴードン・ブラウン財務相に譲ります。議会では与党労働党が多数派を占めることから、ブラウン氏が自動的に後任の首相となります。
ブラウン氏が、米大統領に「プードル以上だった」と言われても、大人の対応ができる人であることを祈ります。

にしても、ブレア英首相ったら、どうしてそんなにブッシュのご機嫌取りをしたの?

posted by アメリカ合衆国情報 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリス・ヒルトン、無事出所

免許停止処分中の運転で逮捕され、カリフォルニア郡刑務所で服役中だったパリス・ヒルトンが6月26日、予定の刑期45日の半分に短縮された約3週間の刑期を終えて出所しました。

刑務所から出たパリス・ヒルトンは、車で待つ両親の元へ走り、母親のキャシー・ヒルトンに抱きつき、殺到するカメラマン達に笑顔で手を振る一場面もあったそうです。

パリス・ヒルトンは服役中に応じた電話インタビューで、「今回のことはパーティー三昧の生活スタイルを改め、女性たちのポジティブな手本になるように、という神からのメッセージだった。出所したら、何か新しいことに挑戦したい」と語り、乳ガンや多発性硬化症などの病気に対する世間の認知を高める活動をしようか考えていると明かしています。
 
ヒルトン一家の広報担当者は、出所を前に「パリスはとてもよくやっている。家に帰る日を心待ちにしているようだ。また、自分を支えてくれたみんなに感謝したいと言っていた」とコメント。

出所後初のインタビューは、27日に米CNNで行われる予定で、この際、出演料は支払われないということです。パリスは同番組への出演を喜んでおり「刑務所体験や、それを通じて学習したこと、どれだけ大人になったか話したい」と語っていると広報担当者。

パリスの両親や友人達はパリスの出所を祝う「つつましやかな集い」を開く予定だと報じられています。
6月12日のニューヨークポストの報道では、ヒルトン家では大掛かりな出所パーティを予定しているとのことだったので、この「つつましやかな集い」は、パリス・ヒルトンの心情の変化による要望によるものなのではと、好意的に考えちゃっているコメンターの『アメリカ合衆国情報』でした。


posted by アメリカ合衆国情報 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

ブッシュ大統領の指示する新移民対策法案

6月7日に、上院本会議で反対多数で否決され、事実上廃案になったジョージ・W・ブッシュ大統領が強く支持していた移民対策法案ですが、その後のブッシュ大統領の働きかけで、上院での再審議にこぎつけました。

但し、議会内では依然として反対の声が根強い状況。
反対の理由として、不法移民に罰金を支払うことで参加できる一時労働者プログラム「Zビザ」という法的地位を与える部分で、不法移民に法的地位を与えれば、不法入国する移民の数が増えると言う懸念によるもの。

それに対し、ブッシュ大統領は、「逮捕された不法入国者は国外追放されるだけでなく、就労ビザでも観光ビザでも二度と米国に入国できない」こと明確にし、新法案には、「パトロール隊員の人員補強」「新たなフェンスの建設」「赤外線カメラなど不法入国を妨げるための設備購入」の費用として、国境パトロール隊に対して44億ドル(約5450億円)の補助を行うという内容が盛り込んだことで、法案を通す気構えです。

にしても、ブッシュ大統領がこの法案を通したがる裏には、何があるのでしょうね。

posted by アメリカ合衆国情報 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

シンプルな生き方をしたいと語るパリス・ヒルトン

6月21日、25日の出所を前にバラエティ番組『E! News』の電話インタビューに応じた服役中のパリス・ヒルトンは、今まで送ってきた豪華な生活スタイルに感謝し、刑務所から出所した際には生まれ変わった女性になることを主張しました。

「たった一つの枕や食事、その他のものでさえも、今持っているもの全部にすごく感謝しているわ」

「私は閉所恐怖症で、部屋はとても狭い。やることはただ座っているだけで何もない。部屋には二段ベッドとトイレと机しかないわ。始めは少し気が狂いそうだったけど、今は慣れてきたわ」

そして、刑期を全うすることに誇りを持っていると話しました。

「ある意味では、私の人生を一変した出来事だったから、このことが起こってよかったと思っているの」
「メディアは私を使って笑いのネタにし、いじめの対象にしていると気づいたわ。正直に言うと、ウンザリしているし、私の名をもっといい方法で使いたいと思っている」

出所後に家族が盛大なパーティーを計画していることに対しては、パリス・ヒルトンは出所後はシンプルな生き方をすることを楽しみにしていると語る。

「家族に会って、おいしい食事を食べて、自分のベッドに寝て、今まで当たり前だと思っていた全てのことを早くやりたくてたまらないの。今までこんなに考えたことなかったわ」
「人生の新しい1ページをスタートしたくてたまらないと感じている。ここは本当に嫌だけど、気分はいいわ」と話しました。

パリス・ヒルトンは、免許停止処分中の運転で45日間の禁固刑を受けるも6月の初旬にわずか3日で刑務所を出所して自宅軟禁となり、批判が噴出。これにより再収監の決定が下され、この際ヒルトン受刑者はむせび泣いていたと言います。

メディアが笑いものにしてきた自分の扱いに気づき、これからは自分の名前をもっと良い方向に使いたいと気が付いたパリス・ヒルトン。
コメンターの『アメリカ合衆国情報』としては、本当に期待しちゃいたい。
人間がどれだけ変われるか。周りによって方向を逸脱させられている若手セレブの目を覚まさせ、セレブに憧れる若者たちに、正しい方向を見せて欲しいです。
パーティ、アルコール、ドラック三昧が正しい方向性では無いでしょ。

posted by アメリカ合衆国情報 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブッシュ大統領:米ロ関係について苦言を受ける

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との米ロ首脳会談は、7月1、2の両日にメイン州ケネバンクポートのブッシュ大統領の別荘で開催され、米ミサイル防衛システムの配備計画、コソボの最終地位問題、核開発の協力などについて協議される予定です。

本来なら、この協議では、米国のミサイル防衛システムの東ヨーロッパ配備の発表を機に緊張が高まっている米ロ関係について、緊張緩和になるような現実的な協議が必要なわけですが、ブッシュ大統領に任せると、「政治的演出」による幻想だけに終わることを懸念している模様。

現在は、ロシアの社会変革の影響もあって、『冷えきった平和』の状態になりつつあるので、「政治的演出」をやめて米ロ関係改善を現実的な戦略関係を示し、「真剣に」検討すべと、ブッシュ大統領は苦言を受けているようです。


posted by アメリカ合衆国情報 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キリスト教信者のブッシュ大統領、ES細胞研究法案に再度拒否権

ES細胞というのは、初期段階の体のあらゆる組織に分化する可能性を持つ肺細胞で、パーキンソン病、認知症、糖尿病、およびがんなどの完治の難しい疾患に対する治療法発見への貢献が期待されている細胞です。

さて、このES細胞研究法案に対し、現アメリカ合衆国大統領のジョージ・W・ブッシュは、胚性幹細胞(ES細胞)研究への支援を求める法案に対し2度目の拒否権を発動しました。

で、その拒否権を発動したブッシュ大統領の理由ですが、
「それは、生命の神聖さを侵すものだ!」という理由だそうで、
科学者からの非難が予測されています。

信心深いキリスト教徒であるブッシュ大統領は、「ヒトの胚細胞を研究目的に利用することは、自身の信仰に反するものだ!」という理由によるものだそうです。

さて、世界のリーダーアメリカ合衆国大統領のブッシュ大統領のこの判断。皆さん、如何でしょう?


posted by アメリカ合衆国情報 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

次々と去り行くブッシュ大統領の側近たち

ジョージ・W・ブッシュ米大統領の側近の1人、行政管理予算局のロブ・ポートマン局長が6月19日、辞意を表明しました。

過去の側近の辞任は、ブッシュ大統領の腹心、ドナルド・ラムズフェルド前国防長官が、2006年の中間選挙での共和党大敗の責任を負う形で辞任。この時の選挙では、ブッシュ政権のイラク政策を厳しく批判した民主党が下院議席の過半数を奪回しています。

このほかにも、2005年には米中央情報局(CIA)工作員の身元漏えい事件への関与でルイス・リビー元副大統領主席補佐官が、5月には国家安全保障問題を担当するJ・D・クラウチ大統領副補佐官が政権を去っています。

今後のブッシュ大統領の側近の動きにも、興味がもたれます。


posted by アメリカ合衆国情報 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

アメリカ合衆国ブッシュ大統領の支持率。過去最低を記録!

米経済紙「ウォールストリートジャーナル」とテレビ放送大手NBCによる共同世論調査によると、ジョージ・W・ブッシュ米大統領の支持率が29%と、過去最悪を更新したと報じられました。

支持率低下の背景には、ブッシュ政権のイラク戦略や不成立となった移民法改正案に対する失望感があるとみられます。

前回2006年12月の同調査の時には34%だった大統領支持率は一気に下降し、就任から6年間で最悪。回答者の三分の二は、ブッシュ大統領の政策運営を支持していないと答え、不支持率は前回の61%を上回りました。

また、「米国は正しい方向へ向かっていると思う」と答えた回答者は前年12月の調査時には29%、2か月前には22%だったが、今回は10%のみだったそうです。
反対に、「国は誤った方向へ向かっていると思う」という回答は68%にも上り、6か月前から12%も増えたそうです。

さらに、民主党と共和党のどちらが自分の信条に近いかという質問に対し、民主党を選んだ回答が49%で、共和党の36%を大きく超え、WSJ紙によると、これは共和党政権の支持率として過去20年間で最低の数字だそうです。

こういう大統領が何故再選されたのか?
アメリカの選挙制度も、よく判らないですね。

posted by アメリカ合衆国情報 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

何故にブッシュ大統領の腕時計盗難騒ぎ?

ホワイトハウス、ブッシュ大統領の腕時計盗難説を否定
2007年06月14日 19:17 発信地:ティラナ/アルバニア
関連写真 1枚

2007年6月10日、ティラナ(Tirana)郊外のフシャ・クルヤ(Fushe-Kruja)で、車から群衆に手を振る米国のジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)大統領(中央)。(c)AFP/Jim WATSON



この記事を読む前、コメンターの「アメリカ合衆国情報」は、ブッシュ大統領が、他の人の時計が欲しくて、盗んでしまったのかと思いました。
何だか、ブッシュ大統領ならやりかねないような気がして・・・

さて、ホワイトハウスのトニー・スノー大統領報道官は、ジョージ・W・ブッシュ大統領がアルバニア訪問中に腕時計を盗まれたと一部で報じられたことについて、「時計はポケットにあった」と盗難説を否定しました。

盗難説は、動画共有サイトYouTubeで、前週末アルバニアの首都ティラナを訪問したブッシュ大統領が興奮した群衆に囲まれて住民らと握手している間に、腕時計が消えたようにも見える動画が掲載されたことを発端としている模様。

「大統領は腕時計をポケットにしまっており、無事に持ち帰った」とのことで、何はともあれ、ブッシュ大統領が他の人の時計を欲しくて盗難した訳ではなくて、良かったです。


posted by アメリカ合衆国情報 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

懲りないヒルトン家の人々:パリス・ヒルトン出所パーティ

飲酒運転の保護観察中に車を運転したパリス・ヒルトン受刑者は、現在数週間の刑期を残しロサンゼルスの刑務所に収監中。
しかし彼女の家族はすでに盛大な「出所」パーティーを計画していると、ニューヨーク・ポスト紙が6月12日に伝えました。
 
同紙によると、パリスの父リック・ヒルトンは、ラスベガスのクラブに対し「出所」パーティー開催場所となる名誉の対価として、5万ドルの現金(約600万円)、飛行機の手配、宿泊施設の提供を要求したということです。
これって、宣伝代として、お店側が用意しろ?ってことなんでしょうか?

早すぎる仮釈放が非難を呼び、ヒルトン受刑者は8日に再収監されたため、パーティーはいったん保留になりましたが、今後さらに大がかりなパーティーが計画されているとのこと。

うーん。刑務所の中のパリス・ヒルトン。
懲りない家族の計画をどう受け止めるか。
コメンターの『アメリカ合衆国情報』は、大掛かりなパーティなど望んでいないと思いますけど。

posted by アメリカ合衆国情報 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブッシュ大統領のお気に入りは、サルコジ仏大統領

ジョージ・W・ブッシュ米大統領の最近のお気に入りは、「率直な物言い」のニコラ・サルコジ仏新大統領。

匿名を条件にAFPのインタビューに応じたブッシュ大統領の側近の話によれば、「これまで数年間にわたってブッシュ大統領が会談してきた世界各国首脳のなかでも、サルコジ大統領ほど『単刀直入』な人物はいなかった。その点でサルコジ大統領はブッシュ大統領とよく似ている」と語ったそうです。

ドイツのハイリゲンダムで行われた主要8か国(G8)首脳会議と平行して米仏首脳会談が行われた席で、コソボ自治州の最終地位問題をめぐり、「外交的」にはブッシュ大統領とサルコジ大統領の意見は分かれ、且つ、会談中、サルコジ大統領は、世界問題についてブッシュ大統領を質問ぜめにしていたということです。

これって何だか友達の居ない子が、初めて誰かに真剣に相手にされて、喜んでいるだけのような・・・

ブッシュ大統領は、サルコジ大統領との再会を非常に楽しみにしているそうです・・・


posted by アメリカ合衆国情報 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

パリス・ヒルトンに変化の兆し

3日で出所、1日で刑務所へ逆戻りと、裁判所の決定に振り回されているパリス・ヒルトンですが、再収監の決定が下された際、涙を流したパリス・ヒルトンも、脱水症状の治療を郡刑務所の医療施設で受けつつ、刑務所内での生活を「これまでで最もつらい経験」と語りつつ、今度の再収監に対して、パリス・ヒルトンは上訴しない考えとのこと。

また、今回の一連の加熱報道に対し、
「メディアや市民は、イラクや世界各地で米国のために闘っている人々など、もっと重要なことに目を向けてほしい」
と冷静な一面も見せています。

面会に訪れたパリス・ヒルトンの妹のニッキー・ヒルトンにして、「彼女は強くなっている」と語ったということです。

いずれにしても、健康だけは気遣って、残りの刑期を頑張って乗り越えて欲しいものです。


posted by アメリカ合衆国情報 at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

みんな友達。ローマ法王を閣下と呼ぶブッシュ大統領

熱心なキリスト教信者であるアメリカ合衆国のジョージ・W・ブッシュ大統領は、6月9日にバチカン市で、ローマ法王ベネディクト16世に対し、法王への尊称「聖下(His Holiness)」ではなく「閣下(sir)」と呼びかけたと報道されました。

また、ローマ法王が対面のため書斎の戸口でブッシュ大統領を待ち受けている時、近くに知り合いの顔を見つけた大統領は「やあ、どうだい(How ya doin’?)」とその人物にくだけたあいさつの言葉をかけたといいます。
って、子供じゃないんだから、もっときちんとした挨拶を・・・
ローマ法王に会えて、とても嬉しすぎて、ブッシュ大統領は、舞い上がってしまったのでしょうか?

さらに、書斎で机を挟んで法王に向かい合ったブッシュ大統領は、足を組んだ「テキサス流」のリラックスした姿勢をとって、内謁に臨まれたそうです。
ブッシュ大統領の感覚は、一度会ったら、皆、友達なんでしょうか?
毎日会えば、兄弟なんでしょうか?

posted by アメリカ合衆国情報 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

女子刑務所入所時に撮影されたパリス・ヒルトンの顔写真

こちら、ロサンゼルス郊外リンウッドの女子刑務所で入所時に撮影されたパリス・ヒルトンの顔写真です。

それにしても、刑務所入所前の顔写真が世界に配信されてしまうなんて、ちょっと不憫ですよね・・・

さて、そのパリス・ヒルトンですが、6月5日までに出頭することになっていましたが、殺到するメディアの裏をかくために、6月3日の夜遅く、ロサンゼルスのダウンタウンにある男子刑務所に出頭したそうです。
3日と言えば、音楽専門チャンネルMTVが主催する映画祭、MTV・ムービー・アワード2007の授賞式に登場した日。
司会者はこの一件についてジョークを飛ばしたそうですが、パリス。・ヒルトンの気持ちになると、ちょっと不謹慎だと私は思いますけど。

母親のキャシー・ヒルトンと妹のニッキー・ヒルトン、そして弁護士さんに付き添われて男子刑務所へ出頭したパリスを、警察がハリウッドから25キロの距離にあるロサンゼルス郊外リンウッドの女子刑務所へ移送したとか。

とにかく、女子刑務所の前に張り込んでいたパパラッチ集団を一掃し、安全上の問題を回避することができたということで、こういったヒルトン側の協力も、警察の心情を良くしたことでしょうね。

パリスは、服役の覚悟として、
「怖いけれど、服役する準備はできています」「この数週間、とても長い時間考えて、自分が犯した間違えに気付きました」「今回の事件は、わたしの人生で最も重要な意味を持つものです。わたしは自分の行動に対して責任をとらねばなりません。将来も積極的に責任ある行動をとっていこうと思います」
と答えているそうで、パリス・ヒルトンの言動の影には、祖母や母親キャシー・ヒルトンの言動からの影響も大きいと聞いてます。

素行次第では、刑期は45日から23日間に短縮される可能性もあるということで、出所後のパリス・ヒルトンの変わり様に、コメンターの『アメリカ合衆国記者』は期待したいですね。
皆さんは、彼女は変わると思いますか?

posted by アメリカ合衆国情報 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(1) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

明日、刑務所入りのパリス・ヒルトン

ヒルトンホテルのヒルトン家の長女で、約3000万ドル(約36億円)−5000万ドル(約60億円)の財産の相続権を持っているお騒がせセレブのパリス・ヒルトンが6月5日、いよいよロサンゼルス南部リンウッドの女子刑務所に入所します。

パリス・ヒルトンは先月、酒気帯び運転で受けた保護観察処分に違反したとして、6月5日から45日間の禁固刑を言い渡されました。

待ち受ける禁固刑という運命にショックを受けたらしいパリス・ヒルトンは、ここ数週間ハリウッドのパーティーシーンには姿を見せていないそうです。但し、6月2日の新型ブラックベリー発売記念パーティーと、6月3日のMTV・ムービー・アワード2007会場には姿を見せているというのが微妙ですが、その時の画像の表情は、流石に明るくは見えません。

パリス・ヒルトンの母親、キャシー・ヒルトンさんは、芸能ニュース専門サイトTMZ.comに、パリスは「準備をし、祈っています」と語ったそうです。

パリス・ヒルトンはほかの受刑者の好奇の目を避けるため特別室に収監される予定で、同室者は1人だけだろうということで、「善行」が認められれば刑期が23日間に短縮される可能性もあります。

高校を中退して、不動産王ドナルド・トランプ氏のエージェンシーでモデルとして活躍し、妹のニッキー・ヒルトンとともに、次第にパーティーガールとして有名になっていったヒルトン家の令嬢ですが、コメンターの『アメリカ合衆国情報』としましては、出所後のパリス・ヒルトンに注目したいです。彼女にとって良い意味で、他の悪行若手セレブと一線を引くような変身に期待するのは無理がありますかね?


posted by アメリカ合衆国情報 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(1) | お騒がせセレブ:パリス・ヒルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

アメリカ合衆国の疾病対策の穴を浮き彫りにした結核感染の米弁護士

5月12日に弁護士のアンドリュー・スピーカー氏が結核の診断を受けたわずか2日後に、結婚式と新婚旅行のためジョージア州アトランタから欧州に旅だったことについて、鳥インフルエンザの流行や生物兵器テロが頻発する現代に、このような疾病対策の欠陥は破壊的な結果をもたらす可能性があり、変革が必要であると問題になっています。

5月23日に、アメリカ合衆国政府の疾病対策センターは新婚旅行でローマにいるスピーカー氏に連絡を取り、大半の抗菌剤が効かない菌に感染していることを告げ、イタリアの病院で診断を受け隔離病棟に入院するよう求めましたが、彼はこれを無視し、プラハに立ち寄った後カナダのモントリオールに飛び、そこから陸路で米国に帰国したということで、1948年に導入された隔離を定めた法律は、余りに法的拘束力が欠如しているという指摘です。

さらに、保健当局がスピーカー氏を探していることを知りながら国境警備隊の担当者がスピーカー氏の入国を許可した点も法の盲点を指摘しています。
今後、法的拘束力が無いことで、大きな伝染病蔓延やテロが起こらないか、心配されるところです。
物品持込には慎重でも、人権に対しては、非常に繊細になってしまっています。自爆テロも居ますから、伝染病人間テロだってあり得るかもしれませんから。


ラベル:結核感染
posted by アメリカ合衆国情報 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国から最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

G8サミット前のブッシュ大統領の毎週恒例のラジオ演説

主要国首脳会議(G8サミット)を間近に控えた6月2日、毎週恒例のラジオ演説でジョージ・W・ブッシュ大統領が述べたのは、米国の「国際指導力と寛大さ」を称える演説でした!

ブッシュ大統領は、イラク問題や米国が長年にわたり温室効果ガスの徹底的な排出削減に反対姿勢を貫いていることには言及せず、代わりに「社会を貧困から救う」ことや、世界中の「混乱と苦痛を緩和する」ことに対する米国の努力を強調したとのこと。

ブッシュ大統領は「われわれの国家は、助けを必要としている人々を援助し、力づけてきた。米国は、世界中でチャンスを拡大する手助けをしてきたのだ」と述べ、さらに「国民は、米国の国際指導力と寛大さを誇りに思うべきだ」と語ったそうです。

ブッシュ大統領の貧困層に対する理解を示す素晴らしい演説とは相反し、6日に開幕するサミットの会期中、会場付近では貧困撲滅運動の活動家や反グローバル化運動の活動家らによる10万人規模の抗議活動が行われるとみられ、米国はイラク戦争をめぐり激しい非難を浴びることが予想されています。

posted by アメリカ合衆国情報 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョージ・W・ブッシュ米大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

2億の売上。マイケル・ジャクソンのオークション

5月30日、31日にラスベガスのホテルで開催された米国人気歌手マイケル・ジャクソンのオークションでは、150万から200万ドル(約1億8000万から2億4000万円)の売り上げをあげたそうです。

出品数は、約1100点。
売上は、例えば、スーツが2万2800ドル(約277万円)。
ブラック・クレステッド・ジャケットが2万400ドル(約248万円)。

やはり、こういうグッツを買うのはファンなんでしょうかねぇ。
それとも、他のオークションへの投機として買う人も居るのでしょうか。

今回の売上に気を良くした主催者は、今回のオークションよりも小さい規模で、今回出品を見送った品、より安価な品などを出品する次回のオークションも検討しているそうです。


posted by アメリカ合衆国情報 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国からエンターティメント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。